自己破産…同時廃止事件と管財事件とは?※自己破産についての知識

自己破産…同時廃止事件と管財事件とは?※自己破産についての知識

自己破産…同時廃止事件と管財事件とは?※失敗しない自己破産

実は自己破産手続きの処理方法については、管財事件、同時廃止事件という2種類の方法に分類されます。
ここでは、管財事件と同時廃止事件の違いについて少し解説します。
破産手続きの主な内容というのは、まず破産者の財産を換価処分した上で、各債権者に債務相当分だけ公平に分配する手続きになります。
破産手続きでは、前もって破産者の財産を調査して、その財産管理と換価作業、それを債権者にそれぞれ配当する重要な作業が含まれることになります。
これらの手続きは、全て裁判所が請け負うのではなく、予め裁判所が選んだ破産管財人の指示のもとに行われます。
つまり、破産者が高価な財産を所有している時は、財産を換価していく作業も伴いますので、破産管財人が選任される自己破産手続き「管財事件」としてよく取り扱われます。
但し、換価しうる財産が殆ど残されていない時は、「管財事件」で処理しても意味がありませんので、破産手続開始決定と同時に手続きを廃止する事ができます。
この廃止決定を、破産手続の開始とほぼ同時刻で行うことから「同時廃止事件」と呼んでいます。
同時廃止事件扱いになると、破産手続の開始と時を同じくして破産手続きは終了という形になるので、破産管財人がわざわざ選任される事もありません。
個人で自己破産する人というのは、有価財産を保有していない且つ収入が安定しない人が多いのが現状ですから、破産手続きの裁判費用もまともに支払えない人が多いのです。
そのような人達が殆ど利用するのが、この「同時廃止事件」となります。
また菅財事件と同時廃止事件の違いが色濃く出るのは、破産者が裁判所に収める上納金の金額や手続きに掛かる期間になります。
このように自己破産手続きは決して1つの方法だけに集約されないこと、今ある財産内容をよく調べた上で、どちらの方法であっても従えるように備えておきましょう。

債務整理をする前に!