個人再生後の住宅ローンはどうなる?※知りたいメリット・デメリットについて

個人再生後の住宅ローンはどうなる?※知りたいメリット・デメリットについて

個人再生後の住宅ローンについて

個人再生を行った後は、住宅ローンを組むことができなくなります
個人再生を行った事実については、金融会社に通知されることになります。金融会社が信用に値しない行為と判断するため、ローンを組むことはできなくなるのです
従って住宅ローンを組みたいと考えていても、個人再生後はローンを組むことができなくなります

 

こうした情報は信用情報会社が管理しており、どのタイミングで消えるかはわかりません
ローンは高額な借り入れとなるため、基本的には7年間借りれないと考えてください。7年後には再びローンを組むことができます
しかし銀行によって信用情報の認識度に違いがあり、場合によっては7年以前であってもローンを組むことができます
近くの銀行がどの程度認識しているかが焦点となりますので、1度聞いてみるのもいいかと思います

 

信用情報はどのような金融機関でも情報を見ることができるので、小さい銀行であってもローンを組むことはできません
個人再生を行ったのであれば、おとなしく年月が過ぎるのを待つしか無いでしょう。暫く我慢すれば、住宅ローンは組むことができます
個人再生で残った住宅を何とかしたいと考えているなら、その間にリフォーム案を考えて、住宅ローンが解禁されたらすぐに実行できるようにするといいですね

債務整理をする前に!