家やマンションなどの不動産差し押さえ※差し押さえられる前に

家やマンションなどの不動産差し押さえ※差し押さえられる前に

家やマンションなどの不動産差し押さえ※後悔する前に知っておきたい事

差し押さえの対象として多くなりやすいのが不動産です。これは賃貸でない場合は対象となる可能性が高いです。借金の額が相当多い場合に対象になるケースが多く、多くの場合は競売にかけられて、債権者へが借金を取り返すことになります
こうした不動産の差し押さえについては、まず借金の滞納が無ければ発生しません。借金を支払っているのであれば、まずこのような状況は起こりません
その上で再三にわたって警告したにも関わらず、借金の返済に応じなかった場合は、国に申し立てて住宅の差し押さえを要求します
裁判所がそれを認めた場合、督促状を発行して差し押さえに踏み切ることを通知します。これが事実上の最終警告です。この段階で債務整理や任意売却によって、住宅を捨てるという方法もあります
この期間を過ぎても何ら対策が無かった場合は、予定通りに差し押さえが執行されます。差し押さえ後も住むことはできますが、競売が終わった段階で強制退去となります

差し押さえを回避する方法は、督促状が届くまでに債務整理を行うか、任意売却によって返済を行う方法があります
任意売却は住宅ローンが要因で差し押さえになった場合のみ利用出来る方法で、この場合は一番お金が残りやすいので楽になります
それ以外の方法は債務整理を行って欲しいのですが、基本的に自己破産か個人再生をすることになるでしょう

債務整理をする前に!