個人再生が不許可になる原因※個人再生に関わること

個人再生が不許可になる原因※個人再生に関わること

個人再生が不許可になる原因《失敗しないために》

借金で悩まれている方は今全国に多くいると思われますが、それを減らす、もしくはなくす方法として主に三つの方法があるのをご存知でしょうか。ひとつは任意整理というやり方、二つ目は民事再生、そして三つ目は自己破産というやり方があります。まず任意整理についてですが、これは主に今残っている借金の内、それらの金利を基本カットすることによって借金を減額するというやり方です。これは3つの方法の中では一番手続きが簡単で、裁判所への出頭なども必要がなくまた自動車ローンなどはそのまま支払い続けて他の借金だけを減額するということも可能ですが、他の二つに比べて減額の幅が小さいことが多いというのがデメリットです。
次に民事再生ですが、これは住宅などの財産を処分することなく借金の大幅に減額できるという制度です。また、就業制限なども一切ありません。しかし減額後されてももちろん借金は返済(原則3年で)していかないといけませんし、信用機関に情報が登録されてしまいますので基本数年(5年から10年ほど)は新たな借り入れができなくなります。個人再生においては、不許可されることもあります。
最後に自己破産ですが、これを行うことによって借金の支払い義務が無くなります。しかし、それを行う場合には財産の処分(生活に必要な財産を除いて)価格が20万円以上のものは基本処分されられます。車も同じです。また一部の職業には一定期間就業できなくなることもあります。

債務整理をする前に!