自己破産

自己破産

自己破産の条件

破産宣告のあと、「免責」を申し立てて認められれば借金はなくなりますが、「免責」が認められない場合もあります。
免責不許可事由と言われるもので、財産の隠匿やその価値を下げる行為をした場合、返済不可能な事が分かっているのに債権者を欺き新たに借金を重ねた場合、不正な手段で現金を習得した場合、また10年以内に「免責」がなされた場合、ギャンブルやショッピングなどによる浪費が原因の場合などが挙げられます。
ただし、これらの不許可事由があったからと言って、そのまま免責不許可決定が下される訳ではありません。
例えば、ギャンブルやショッピングによる浪費が原因の債務では、必ず「免責」が認められない訳ではなく、そこに至った経緯や本人の反省具合、再建の意志や可能性などを考慮したうえで、裁判官の裁量によっては「免責」がなされる場合もあります。
つまり何で借金を作ったかよりも、隠したり騙したり等の不正な行為をしない事や、審尋には真摯な態度で臨むなど反省の心を表す事、そして二度とこのような事態に陥らないための再建への強い決意を示す事がが大切なのです。そのためにも、自身の債務については包み隠さず、弁護士に正直に話して相談する事が大事だと言えるでしょう。

自己破産記事一覧

債務整理には色々な方法がありますが、その中でも自己破産は多くの方がご存じある、債務整理なのではないでしょうか?自己破産はそれまでの借金の返済義務が無くなるので、借金問題を解決する債務整理としては、最大の威力があると言ってもいいでしょう。自己破産は弁護士や司法書士に依頼するのが、一般的というイメージがありますが、実は自分でも申請する事ができるんですよ。自分で自己破産を行う場合、収入印紙代として100...

借金問題を解決すると言えば、多くの方がまず自己破産を思い浮かべるのではないでしょうか?自己破産と言えば借金の支払い義務が無くなるので、金銭面の負担を大きく解消できる債務整理ですよね。以前、破産といえばネガティブなイメージがあり、なかなか申し立てする勇気は出ないかもしれません。しかし、借金問題をそのまま放置していても問題は解決しないばかりか、ますます状況は悪化してしまいます。自己破産は人生の再スター...

自己破産はそれまでの借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金をゼロにする事ができる債務整理です。借金をしてしまう原因は色々とありますが、中には多重債務に加え奨学金の返済に追われている方も多いようです。最近は就職難により、奨学金を返済できず自己破産を選ぶ方も増えてきています。自己破産は全ての債務の支払いが免除される債務整理なので、当然奨学金の返済もしなくても良くなります。借金を整理した事で人生の再ス...

ギャンブルや浪費、また生活費などなどで借金をしてしまい、自分で返済できないので自己破産を考えているという方も、いるのではないでしょうか?自己破産は借金の問題を解決には大きな効果を発揮しますが、はやりネガティブなイメージがある為、家族や友人に内緒で行いたいと思ってしまいますよね。自己破産は家族や友人に内緒で行えるのかというと、出来ないという訳ではありません。自己破産を申請する時に必要な書類を作成する...

自己破産は債務整理の中でも、借金の問題を解決できる効果は最大級といっても、過言ではないでしょう。自己破産はそれまでの借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はゼロになります。ですので借金に悩んでいる方には、ありがたい制度ですよね。でも、自己破産をする事で債務者に保証人がいた場合、大きな負担をかけてしまう事になってしまいます。自己破産をすると債務者に支払の請求をする事は出来なくなるので、債権者は保証...

自己破産は裁判所を通して行う債務整理です。まず裁判所に自己破産の申し立てを行うのですが、申し立てをしたからといって必ず自己破産できる訳ではありません。借金の返済に充てる財産が無い・返済する金額を用意できない・これから先も返済能力は無いと、裁判所に認められたら自己破産する事ができるのです。ただし、これらの条件に当てはまっていても、自己破産できないケースがあります。自己破産を行うには、裁判所が免責を認...

自己破産というと非常にネガティブなイメージを持たれる方も多いかと思います。例えば、自己破産したことを周りの人にも知られてしまうのではないか、自己破産後にも借金の取り立てがくるのではないか、会社をクビになってしまうのではないか、など疑問や不安は尽きないと思います。しかし、こうした自己破産後の生活に関する疑問や不安は、ネガティブな思考が作り出した誤解であるケースが大半です。以下では、自己破産がその後の...

私の友人にもいましたが、ギャンブルで多額の借金をしてしまい首が回らなくなってしまった方がいるかどうかは存じ上げませんが、もしギャンブルでできた借金を自己破産しようと思ってもなかなか自己破産させてもらえません。その理由として、ギャンブルでもし自己破産をさせてしまうと自己破産をした方がギャンブルでもう一度借金をして自己破産をする恐れがあるためです。ギャンブルはそれほど強い中毒性があるのかと疑問に感じる...

自己破産は裁判所に申し立てを行い、借金を整理する債務整理です。自分でも申し立てを行う事は出来るのですが、債権者から残っている借金の額を聞いたり、申し立てに必要な書類を作成する、そして裁判所でのやり取りと色々な工程を経なければいけません。ですので法律の知識が無いと自己破産をするのは難しく、はやり専門家に依頼する事になりますね。自己破産は弁護士に依頼、また最近は司法書士にも依頼できるようになっています...

自己破産は事業の失敗や金銭トラブルなどの失敗により多額の借金を背負ってしまった人の救済的な制度として利用されています。借金を抱えた状態はマイナスですが、自己破産をすることで1からスタートできるため、債務者にとっては非常に有益性の高い制度であることが特徴です。ただし、自己破産を行う際に最も注意が必要な点は、保証人の有無です。なぜなら、自己破産により債務が消滅するのは、債務者本人のみであって保証人の弁...

自己破産は、主婦でも無職でも、パートでもアルバイトであっても学生でも借金を返済していく事が出来ない支払不能な状態であるならば、行なう事が出来ます。誰でも申立は行なう事が出来るのですが、支払不能かどうかと言う事は申立後にかなり細かくチェックされますから、陳述書を参考に債務状況、生活状況を照らし合わせ支払不能であると判断されなければ、債務整理を行なう事は出来ないのです。自己破産が出来るかどうかと言う事...

自己破産は裁判所に、申し立てを行い借金を整理する債務整理です。申し立てを行う際には色々な書類が必要になるので、自己破産を検討している方は事前に、どのような書類が必要かチェックしましょう。自己破産を行う為には破産申立書・免責申立書、陳述書、債権者一覧表、資産目録、生活状況といった書類が必要となります。陳述書以外は弁護士や司法書士に依頼し、作成してもらうのが一般的ですね。破産申立書・免責申立書には自己...

実は自己破産手続きの処理方法については、管財事件、同時廃止事件という2種類の方法に分類されます。ここでは、管財事件と同時廃止事件の違いについて少し解説します。破産手続きの主な内容というのは、まず破産者の財産を換価処分した上で、各債権者に債務相当分だけ公平に分配する手続きになります。破産手続きでは、前もって破産者の財産を調査して、その財産管理と換価作業、それを債権者にそれぞれ配当する重要な作業が含ま...

自分では返済出来ない借金の問題を解決する方法に、債務整理があります。債務整理の中でも特に借金問題を、大きく解決するのが自己破産です。自己破産は借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はゼロになる為、金銭的な負担を解消し人生を1からやり直せるでしょう。しかし効果が大きいという一方、自己破産により借金を整理した事で起こるデメリットや、ペナルティーも他の債務整理よりも大きいものとなってしまいます。ですの...

自己破産の大きな長所は、裁判所から免責許可を受けることによって、今まで背負っていた借金全額の返済が全て免除される点です。必ず返済すべき借金を、裁判の法的効力によって、支払いしなくても良くなるという最大のメリットを手に入れるわけですから、債務整理の中ではこの上ない優遇手段でもあります。しかし、ここで間違えたくないのは決して債権者だけが泣きを見るのではなく、破産者にも借金がゼロになる見返りに相当のデメ...

長く続く不況もあって借金の返済がどうしようもなくなり、やむを得ず自己破産するしかない方は多いのではないでしょうか。自己破産は裁判所に申し立てを行い、裁判所に支払い不能と判断されると破産手続開始決定が下され、さらに免責不許可事由に該当していないことを条件に免責許可の決定が下されて始めて自己破産が出来ます。裁判所を通す手続きの上に、マイホームやマイカー、現金、貯金など換価できる財産を持っている場合は管...

借金問題を解決できる債務整理の中でも自己破産は、特に多くの方に知られている債務整理でしょう。自己破産は借金の返済義務が無くなり、実質借金がゼロになる債務整理です。ですので、個人再生や任意整理など他の債務整理でも返済出来ないという場合、この自己破産を選ぶケースが多いようです。破産と聞くと後ろめたく、暗いイメージがありますが金銭的な問題が無くなる事で、再スタートも切りやすくなります。まずは弁護士などに...

債務整理は借金の額や収入の状態によって違う解決方法をとります。収入があって、借金の額を減らしたり毎月の返済額を減らしてもらえれば返済の目処が立つようであれば任意整理や個人再生という方法があります。収入があっても借金の額が多すぎてとても返済できない場合や、収入がなく借金が返済できない場合には自己破産しか解決する方法はありません。自己破産は自分が持っている主だった財産を処分して借金を返し、それでも返せ...

借金を抱えていて支払いができない場合は自己破産という手段をとると、借金が帳消しになってお金を返す義務がなくなります。そのため苦しい時は自己破産を選んでしまいがちですが、1つ気をつけておきたいのは連帯保証人がいる場合です。自分が借金を返さなくて良くなるかわりに、連帯保証人に全ての借金を返済する義務がでてくるので保証人の方に督促がいくようになります。しかも連帯保証人の場合には、借金の一括返済が求められ...

任意整理を行った後は、クレジットカードの使用が停止されてしまいます。これは信用を失ったことになりますから、已むを得ないことであると言えます最大の理由としては、クレジットカード会社が信用を判断している情報に、任意整理を行ったことが記載されるためです。これにより信用を失い、お金を貸すことを全面的に禁止します従ってクレジットカードを利用することができなくなり、持っているカードは停止、新規の発行は不可能と...

破産宣告は、多額の借金を抱えたまま返済不能になってしまった場合に、今ある手持ちの資産を売却しても、どうしても債権額全てを賄えない場合に取る債務整理手続きです。破産宣告は、住所が管理する地方裁判所に申し立てるのが決まりになっており、その際の裁判費用は全て債務者負担になります。また破産宣告の費用は、債務者が現在どの位の資産価値の物品・金銭を所持しているかにより、費用は大きく変わってきます。目立つ金目の...

破産宣告とは自己破産により、借金の整理を開始する事を言います。破産宣告する事で、様々なメリットが得られるのと同時に、デメリットやペナルティーも生じてくる為、自己破産を考えている方は事前にどのようなデメリットがあるのかチェックしましょう。まず破産宣告する事によるメリットですが、はやり借金が無くなるという事でしょう。自己破産をすると借金の支払い義務が無くなるので、借金は実質ゼロになります。ですので、金...