自己破産を弁護士に依頼するべき理由※プロに任せてスムーズ解決!

自己破産を弁護士に依頼するべき理由※プロに任せてスムーズ解決!

自己破産を弁護士に依頼するべき理由※失敗しない自己破産

自己破産は裁判所に申し立てを行い、借金を整理する債務整理です。
自分でも申し立てを行う事は出来るのですが、債権者から残っている借金の額を聞いたり、申し立てに必要な書類を作成する、そして裁判所でのやり取りと
色々な工程を経なければいけません。
ですので法律の知識が無いと自己破産をするのは難しく、はやり専門家に依頼する事になりますね。

自己破産は弁護士に依頼、また最近は司法書士にも依頼できるようになっています。
弁護士に依頼した場合、自己破産にかかる費用は平均して30万円から60万円ほど、司法書士の場合は平均して20万円から40万円と、
司法書士に依頼した方が費用を抑えられる事ができます。

ですので司法書士に依頼したいと考えている方も多いですが、自己破産をする場合は、弁護士に依頼する事をお勧めします。
なぜ弁護士に依頼した方がお勧めなのかというと、弁護士と司法書士の立場の違いに秘密があるんです。

弁護士は依頼者の代理人という立場になるので、裁判所で審尋という面接を受ける場合、一緒に出廷できますし裁判官からの質問も変わりに弁護士が
答えてくれます。
一方、司法書士の場合は自己破産を申請する書類を作る、書類作成代理人という立場でしかありません。
書類を作る代理人なので裁判官からの質問も答える事は出来ませんし、場合によっては一緒に裁判所に行く事も出来ないのです。

このような事からより不安なく自己破産を勧めたい場合、弁護士の方がお勧めと言えるでしょう。

債務整理をする前に!