個人再生と自己破産の違いとは?※これらの正しい知識について

個人再生と自己破産の違いとは?※これらの正しい知識について

個人再生と自己破産の違いとは?

個人再生と自己破産は言葉を見ると全く違うように思われますが、実際に行うことはよく似ています。しかし決定的に違う部分が幾つか存在します

 

住宅を残すことができる

個人再生では所有している住宅を手放す必要性がありません。従って今住んでいる家から離れずに再建を図ることが可能です
その代わり住宅ローンは払わなければなりません。しかも住宅ローン自体個人再生で減らすことのできない借金なのです。家を残すからにはお金を払う必要があります
自己破産の場合は住宅も手放す必要があり、本当の意味で無に帰す必要があるのです。家を残したい方は自己破産はしない方が良いですね

 

借金の残り方

個人再生では借金が残ります。額を最低100万円まで減らすことは可能ですが、それ以下にはなりません。残った借金は頑張って返さなければなりません
自己破産する場合は借金は無くなります。返さなければいけないお金は無くなるので、辛い借金生活とはおさらば出来るのです
どちらの場合も手続きに必要なお金は後日返さなければなりません

 

大まかに違うのはこの2点だと思います。他にも細かい部分で違うところはあります
個人再生で済ませるか、思いきって自己破産をするかは住宅と借金を返す能力によって変わってくるでしょう

債務整理をする前に!