自己破産出来る人、出来ない人※利用条件とは?

自己破産出来る人、出来ない人※利用条件とは?

自己破産出来る人、出来ない人※失敗しない自己破産

自己破産は、主婦でも無職でも、パートでもアルバイトであっても学生でも
借金を返済していく事が出来ない支払不能な状態であるならば、行なう事が出来ます。

誰でも申立は行なう事が出来るのですが、支払不能かどうかと言う事は
申立後にかなり細かくチェックされますから、陳述書を参考に債務状況、生活状況を照らし合わせ
支払不能であると判断されなければ、債務整理を行なう事は出来ないのです。

自己破産が出来るかどうかと言う事は、支払不能かどうかという事で決まりますから
支払不能でなく、娯楽費などを削る事により返済にまわせることが出来る、など
こういった判断が下った場合には、自己破産を行なう事が出来ないのです。

ギャンブルや浪費が原因で借金を作ってしまった方も沢山います。

こういった内容の場合、免責不許可事由に問われてしまうのですが
特例もあり、反省の色をみせる事で、免責不許可事由に該当している場合でも
免責許可を取れる可能性が十分にあります。

自己破産を出来る人、出来ない人の境界線は、支払不能かどうかと言う事ですから
自己破産を検討している方は、収入と生活状況・債務状況を照らし合わせてみて
支払不能かどうかをセルフチェックしてみる事をオススメします。

債務整理をする前に!