自己破産のデメリット※自己破産する前に知っておこう

自己破産のデメリット※自己破産する前に知っておこう

自己破産のデメリット※失敗しない自己破産

自己破産の大きな長所は、裁判所から免責許可を受けることによって、今まで背負っていた借金全額の返済が全て免除される点です。
必ず返済すべき借金を、裁判の法的効力によって、支払いしなくても良くなるという最大のメリットを手に入れるわけですから、債務整理の中ではこの上ない優遇手段でもあります。
しかし、ここで間違えたくないのは決して債権者だけが泣きを見るのではなく、破産者にも借金がゼロになる見返りに相当のデメリットが発生することを忘れてはなりません。
まず1つ目のデメリットは、他の債務整理手続きでも周知の通り、ブラックリストへの登録があります。
特に自己破産した時の罰則は厳しい傾向にあり、破産手続き開始より約10年間はブラックリストへの掲載が続くとされています。
ブラックリスト登録は、もちろん任意整理や個人再生でも同様のペナルティー事項であり、自己破産の時は更に長い期間登録されると覚悟しておくべきです。
2つ目のデメリットは、強制的に大きな財産の処分が求められる点です。
個人再生や任意整理の時とは違って、借金返済を免除してもらっている訳ですから、手持ちの財産はある程度処分する必要を迫られます。
但し、何から何まで剥奪されるのではなく、生活するのに最低限の資金3か月分位は、自由財産として持つ事が許されています。
また生活に必要な家財道具や給料の一部も残すことができ、現金所持は99万円までとされています。
次のデメリットは、官報公告への掲載です。
自己破産した事実が官報にて通達され、一部の官報購読者には個人情報が知られる事になりますが、身近な人には真実が明らかになる事は殆どありません。
4つ目のデメリットは、自己破産の手続中は、職業資格の制限を受けてしまう事です。
いわゆる資格を利用した仕事が一時的にできなくなり、例えば弁護士や公認会計士、警備員や保険外交員などが対象になります。
しかしこの制限は破産手続き中の半年程度ですから、免責許可が下りると、資格制限はすぐに解除されて、従来の仕事に復職または再就職は可能です。
他にも住居転居する時や、長期旅行する場合に裁判所の許可なしでは行けないなどのデメリットはありますが、家財道具や貯金が全て搾取されて一文無しになるわけではありません。
こうした誤解は早く払拭して、数々のデメリットとも上手く付き合いながら、自己破産で有意義な生活再建される事をお勧めします。

債務整理をする前に!