自己破産の費用※必要な金額について

自己破産の費用※必要な金額について

自己破産の費用《メリット・デメリット徹底比較》

債務整理には色々な方法がありますが、その中でも自己破産は多くの方がご存じある、債務整理なのではないでしょうか?



自己破産はそれまでの借金の返済義務が無くなるので、借金問題を解決する債務整理としては、最大の威力があると言ってもいいでしょう。
自己破産は弁護士や司法書士に依頼するのが、一般的というイメージがありますが、実は自分でも申請する事ができるんですよ。
自分で自己破産を行う場合、収入印紙代として1000円、これに予納金と切手代が必要になります。

予納金と切手代は家などの財産がある場合は、予納金は50万円から切手代は8000円から2万円の費用が必要になりますが、財産が無い場合は
予納金2万円前後に切手代2000円から7000円で済んでしまいます。
このように財産が無い場合、自分で自己破産を行うと約3万円前後の費用があれば良いのです。

一方、自己破産を弁護士に依頼した場合は約30万円から60万円、司法書士に依頼した場合は約20万円から30万円程が相場となっています。
このように弁護士や司法書士に依頼すると、費用は高額になってしまいますが、自己破産は必要な書類も多く裁判所でのやり取りも行います。
ですので法律の知識に詳しくないと、スムーズに行う事が出来ない為、早く借金を整理したい場合はやはり、弁護士や司法書士に依頼した方が効率的と言えるでしょう。

債務整理をする前に!