自己破産…連帯保証人への影響※知っておきたい事

自己破産…連帯保証人への影響※知っておきたい事

自己破産…連帯保証人への影響※失敗しない自己破産

自己破産は事業の失敗や金銭トラブルなどの失敗により多額の借金を背負ってしまった人の救済的な制度として利用されています。
借金を抱えた状態はマイナスですが、自己破産をすることで1からスタートできるため、債務者にとっては非常に有益性の高い制度であることが特徴です。
ただし、自己破産を行う際に最も注意が必要な点は、保証人の有無です。なぜなら、自己破産により債務が消滅するのは、債務者本人のみであって保証人の弁済義務までは消滅しないためです。
つまり、突然自己破産を行ってしまえば、その多額の債務は全て保証人が支払わなければならないということになります。
さらに、保証人の弁済義務は債務者本人よりも重いという特徴があります。と言うのも、債務者は債務の返済をある程度の期間で行っているはずですが、保証人の弁済義務は一括返済が原則なのです。
こうしたことから債務に保証人を付けていたという方は、絶対に保証人に知られないよう自己破産を行うことは避ける必要があります。突然、多額の債務が保証人にのしかかれば保証人自身も自己破産となることが免れないケースも少なくありません。
では、保証人がいる場合にはどうしたら良いのかと言うと、まずは自己破産に専門的な知識を持つ弁護士・司法書士に相談するようにしましょう。そして、保証人に対しては自身が責任を持って出来る限り保証人が被る損失を減らす努力をする旨を伝えることが大切です。

債務整理をする前に!