自己破産後の住宅ローン※問題解決するには?

自己破産後の住宅ローン※問題解決するには?

自己破産後の住宅ローン※5分でわかる!失敗しない自己破産

自分では返済出来ない借金の問題を解決する方法に、債務整理があります。
債務整理の中でも特に借金問題を、大きく解決するのが自己破産です。

自己破産は借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はゼロになる為、金銭的な負担を解消し人生を1からやり直せるでしょう。
しかし効果が大きいという一方、自己破産により借金を整理した事で起こるデメリットや、ペナルティーも他の債務整理よりも大きいものとなってしまいます。
ですので自己破産を検討している方は、事前にどのようなデメリットやペナルティーがあるか、知る事が大切です。

自己破産をし起こるデメリットの1つに、住宅ローンが組めなくなるという事が挙げられます。
住宅ローンだけでなく自己破産をする事で、車など他のローンも一切組めません。

なぜ自己破産でローンが組めなくなるのかというと、借金を整理した事が信用情報機関に登録されてしまう事に原因があります。
銀行や金融会社はローンを組んでも、きちんと返済してくれる人かどうか、まず信用情報機関に問い合わせをします。
そこで自己破産している情報があると、やはり社会的な信用に欠けるとして、ローンを組む事ができないのです。

しかし、自己破産したからといって一生、住宅ローンが組めないという訳ではなく、信用情報機関の情報はある一定の期間が過ぎれば消えます。
自己破産の場合は約10年程度たてば、また住宅ローンや他のローンも組めるようになりますよ。

債務整理をする前に!