自己破産の申立書類※利用をするにあたって

自己破産の申立書類※利用をするにあたって

自己破産の申立書類※5分でわかる!失敗しない自己破産

自己破産は裁判所に、申し立てを行い借金を整理する債務整理です。
申し立てを行う際には色々な書類が必要になるので、自己破産を検討している方は事前に、どのような書類が必要かチェックしましょう。

自己破産を行う為には破産申立書・免責申立書、陳述書、債権者一覧表、資産目録、生活状況といった書類が必要となります。
陳述書以外は弁護士や司法書士に依頼し、作成してもらうのが一般的ですね。

破産申立書・免責申立書には自己破産する本人の、住所や氏名、そして収入や借金の時期などを書き込みます。
債権者一覧表は文字通り、債権者の情報を記す書類です。
資産目録には預金や不動産、株や貴金属など財産になりうるものを記します。
生活状況の書類は裁判官に分かりやすいよう、生活のおおまかな情報を書くのが一般です。

これらの書類は弁護士や司法書士が作成できますが、陳述書だけは自己破産する本人が書かなければいけません。
しかし弁護士や司法書士にアドバイスしてもらえば、法律に詳しくない方でも簡単に作る事ができるでしょう。

自己破産を行う為にはこのような書類が必要ですが、借金のケースによっては自己破産以外の債務整理を選んだ方が良い場合もありますし、
必要な書類も変わってきます。
ですので債務整理を考えている方は、まず専門家に相談しましょう。

最近は無料で相談に対応している、法律事務所も増えているようです。
無料なは費用の心配をせず相談できますし、弁護士という事で安心して相談できると思いますよ。

債務整理をする前に!