自己破産の相談をするコツ※プロに相談するメリット

自己破産の相談をするコツ※プロに相談するメリット

自己破産の相談をするコツ|個人再生のデメリット

長く続く不況もあって借金の返済がどうしようもなくなり、
やむを得ず自己破産するしかない方は多いのではないでしょうか。
自己破産は裁判所に申し立てを行い、
裁判所に支払い不能と判断されると破産手続開始決定が下され、
さらに免責不許可事由に該当していないことを条件に免責許可の決定が下されて始めて自己破産が出来ます。
裁判所を通す手続きの上に、マイホームやマイカー、現金、貯金など換価できる財産を持っている場合は管財事件となって期間も掛かるので、
ご自身で手続きするのは大変困難です。
そんなときは専門家である弁護士にご相談されたほうがいいです。
弁護士は借金問題について詳しく、法律にのっとって自己破産の手続きを進めてくれます。
弁護士にご依頼すると債権者に受任通知を発送して、取り立てをストップしてくれます。これだけでもかなり精神的に違います。
換価できる財産を持っている場合の管財事件の予納金は50万円は必要ですが、
弁護士にご依頼されると少額管財事件をご利用できることがあり、そのときの予納金は20万円ほどとかなり安くなります。
司法書士でも自己破産のご相談を受け付けていますが、少額管財事件はご利用できません。
司法書士は書類作成のプロではありますが、裁判所への書類の提出はご自身自ら行わないといけなくなります。
自己破産される場合は弁護士にメリットがありますので、最初から弁護士にご相談されたほうがいいでしょう。
債務に関するご相談は無料、弁護士報酬の分割払いに応じてくれることもあります。

債務整理をする前に!