過払い金請求の時効について※債務整理の知らないこと

過払い金請求の時効について※債務整理の知らないこと

過払い金請求の時効について※失敗しない債務整理

過払い金の請求というのは、消費者金融等でお金を借りたときに払った利息を返してもらうというものです。
利息を払ったときに、実は本来払うべき金額以上に払いすぎているケースが多く有ります。
そういったケースに後から余計に払った分を返還してもらうというのが、いわゆる過払い金の請求になります。
しかし、この過払い金の請求はいつでもできるというものではなく、制限時間のようなものがあります。
過払い金請求の場合は、一応10年間の時効が設定されており、この10年を過ぎると請求ができなくなってしまうので注意です。
10年という時効は一見すると、長く聞こえるかもしれませんが、できるだけ早く請求しておいた方が良いです。
というのも、過払い金を確実に請求していくには、利息を多く支払っているという証拠があった方が良いです。
例えば、利用明細書のようなもので、こういったものは時間の経過とともに、どこかにいってしまうケースや間違えて捨ててしまうケースもありますから。
そういったリスクがある中では、10年という長い時効期間があったとしても、できるだけ早めに過払い金請求をしていくようにしましょう。
後で良いや。と思っていたら忘れてしまうこともありますから。

債務整理をする前に!