過払い金請求の計算方法が知りたい!※無料相談アリ

過払い金請求の計算方法が知りたい!※無料相談アリ

過払い金請求の計算方法が知りたい!※失敗しない債務整理

過払い金の計算方法について、わかりやすく具体化を挙げて説明します。消費者金融から融資を受けたのが2007年とします。出資法が改正され、グレーゾーン金利が撤廃されたのが2008年ですからこの当時の年利の上限は実質29.2パーセントですからここでは年利29パーセントとして計算します。まず2007年に融資を受けた金額50万に当時融資を受けた消費者金融の年利29パーセントをかけます。年利とは1年間にかかる利息の事ですからこの結果、1年間に消費者金融に支払う利息は145000となります。月20000円の返済を続けたとして12ヶ月分、つまり24万円から14万5千円を引いた額9万5千円を元本として支払った計算となります。そして50万から9万5千円を引いた40万5千円に対し29パーセントをかけ、この年の年利は117450円となります。この計算を完済するまで繰り返すと返済までに約4年弱、392156円を利息として消費者金融に支払った事になります。それを利息制限法の上限である年利15パーセントとして計算しなおします。
同じく毎月20000円を返済したとして、完済までは2年強、およそ20万円が利息制限法の上限で計算しなおした金額となります。そして過払い金とは392156円を利息制限法の上限で計算しなおした利息200000で引いたその差額分が過払い金として返還請求が認められる金額となります

債務整理をする前に!