《個人再生》完済後の生活について※早く完済するには

《個人再生》完済後の生活について※早く完済するには

《個人再生》完済後の生活とは?

<<本当に個人再生で大丈夫?>>

 

借金を解決する方法は個人再生以外にもあります。個人再生の条件は複雑であるため、その人の借金状況や資産状況によって向き不向きがあります。

  • 私の借金は個人再生できる?
  • 個人再生で借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法はなに?

 

⇒全てシミュレーションで診断できます。

 

自分の借金はどう解決すべきか、シミュレーションしましょう。

 

借入件数・総額を入力すればOK!
※無料・匿名・ネット完結で診断可能。

債務整理シュミレーター

 

<<今すぐ解決したいなら>>
借金問題をなるべく早く解決したいなら、弁護士など専門家への無料相談が便利です。

 

無料相談ですが、自分の債務についていろんな情報やきちんとしたアドバイスがもらえます。

 

↓無料相談ができる窓口↓

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方
※債務整理以外の一般法律相談は有料となる可能性がありますのでご了承ください。

 

 

 

 

個人再生後の生活はどんな感じ?

個人再生をするといろいろなことが制限されると思っている方もいるでしょう。
個人再生をしたあとの生活について実際にどのような制限があるのか個人再生をする前に知っておきましょう。

 

ここでは主に「個人再生を完済後、クレジットカードやローンがどうなるのか」という疑問についてまとめていきます。

 

個人再生完済後のクレジットカード利用について

クレジットカードはいつまで使えない?

完済後、5年程度は利用できません。

 

逆に言えば、個人再生完済から5年経てばクレジットカードを利用できるケースが多いです。

 

自分の信用情報に関しては情報開示することができ、それによって自分が信用情報機関に登録されているのかなどを知ることができます。
ですので、5年経ったら自分の信用情報を確認してからクレジットカードの申し込みをするのが確実でしょう。

個人再生完済後であっても、すぐに新規のクレジットカードを作るのは難しいです。
それは、個人再生をしたことにより、信用情報が登録されてしまっているからです。これはいわゆるブラックリスト入りという状態になります。

 

そのためこの信用情報が消えてからでないとクレジットカードの審査が通らないのです。

 

それでも「買い物を現金のみでしなければならないのは不安だ」という方もいると思います。その場合は、デビットカードを使うといいかもしれません。また、個人再生をしたときの保証人が家族でない場合、家族名義のカードは、家族に問題がなければ通常通り作ることができます。

 

デビットカードとは、口座から直接引き落とされるカードです。貯金額以上に利用することもなく、多額の現金を持ち歩く必要もないため安心です。


・持っているクレジットカードは利用できなくなる
・新規クレジットカードは完済後5年程度で作れるようになる

 

>>【無料】まずは簡単借金解決診断!

 

個人再生後、ローンはどうなるのか?

新しくローンを組めるのはいつ?
完済後、5~7年後程度です。

 

個人再生をしてブラック情報が記録されると、新しいローンを組むことはできなくなります。ただ、これに関しても記録が一生残るわけではなく、一般的には借金を完済後5~7年程度で信用情報が消えるため、またローンが組めるようになります。

個人再生をしたあと、返済中のローンはどうなるのでしょうか?
マイホームとマイカーについてまとめると、

<マイホーム>
個人再生の場合、住宅ローンは対象外であるため、それまで通り支払いを続けていくことになります。
<マイカー>
ローン返済中の場合、手放すことになる可能性大です。

 

マイホームに関しては、住宅ローンがなくなることもありませんので、そのままマイホームで暮らしながらローンの返済を続けていきましょう。
マイカーに関して、現金で購入した場合やローンをすでに完済している場合は、とくに手放さなければならないこともありません。

 


・ローン返済中の場合、マイホームは残るが車は手放すことになる場合が多い
・新規ローンは完済後5~7年程度で組めるようになる

 

>>私の借金、個人再生できる?無料診断!

 

 

「弁護士に相談する時間がない」

「まずは気軽にどうするべきか知りたい」方は!

 

無料診断ツールが便利です。

 

弁護士に相談となると、ある程度の時間が必要です。
24時間対応している窓口もあるので、相談する時間帯に困ることはありませんが、仕事で忙しいなど相談にあまり時間を割けないという方もいるかと思います。(それでも相談したい場合、メール相談もできます!)

 

ただ、手軽に聞いてみたいという方には診断ツールがおすすめです。

 

これなら無料・匿名・住所なしで、自分の借金について、

  • 個人再生が本当に適切か
  • 具体的にいくら借金が減るのか
  • 過払い金は発生していないか

などを一気に診断できます。

 

入力にかかる時間は5分程度なので、
時間がないけど借金問題をどうにかしたいという方は、1度試してみてください。

 

↓借金解決無料診断シミュレーター↓

 

 

 

 

個人再生後の生活について

まず注視していただきたいのが海外旅行です。 債務整理をしている間や債務整理後に海外渡航ができるのか、という問題もかかわってくるわけです。 仕事で海外に行かなければいけないという方は特に気になる部分です。 まず、個人再生後については何の制限も受けません。 海外旅行に行くこともできます。 満喫できるでしょう。 ただ、個人再生より上位の自己破産をしている間については、少し問題が発生してしまう事もあります。 それは、破産管財人事件の場合です。 こちらのケースでは、許可を受けなければ海外旅行はできません。 許可を取る相手は裁判所になりますので、海外旅行に行く場合には手続きを踏んだうえでいくようにしてください。 裁判所は旅行の目的や滞在期間、そして 旅行中の連絡先を届け出れば、 ほとんどは許可してくれるものです。 一方で、自己破産中でも、一般的な破産管財人事件の場合には一切制限を受けることはありません。 海外旅行にも行くことができます。 債務整理の任意整理についうても、海外旅行については制限を受けません。 以上のように海外旅行で制限受けるのは、自己破産のみです。 個人再生をしようと思っている方は安心してください。 個人再生後の生活について 個人再生とは債務を大幅に免責してもらい、分割返済にしてもらう手続きのことです。 裁判所に提出した再生計画が認可されると、債務総額に応じた最低弁済額までに減額され、 その減額された債務を3年で、特別な事情がある場合は5年で分割返済できるようになります。 500万円以上1500万円未満の債務総額の場合は5分の1まで減額できます。 500万円の債務総額なら100万円までに、1000万円の債務総額なら200万円までに減額され、 それを3年で分割返済し、返済が終了すれば債務は完済です。 個人再生する前は借金の返済に追われていたけど、個人再生が認められた後は余裕をもって返済できるようになります。 しかし5000万円以上の債務総額がある場合は個人再生が利用できずに自己破産するしかありません。 自己破産では住宅は差し押さえになりますが、個人再生では住宅ローンを今まで通りにお支払できれば差し押さえされることはありません。 今のマイホームに住みながら、借金の返済が大幅に楽になるのが個人再生の最大のメリットです。 自己破産同様に信用情報のキズがついてしまうので、当分の間は新規で借入ができなくなります。 住宅ローンの返済は今まで通りなので、個人再生後に住宅ローンの返済が困難になることがあります。

債務整理をする前に!