個人再生後の生活《減額後》※これからの生活スタイル

個人再生後の生活《減額後》※これからの生活スタイル

個人再生後の生活《減額後》※5分でわかる!失敗しない個人再生

個人再生は再生計画案が裁判所に認可されると、
大幅に借金が減額され、その減額された借金を3年から5年で分割返済ができる手続きです。
100万円未満では最低弁済額が借金全額になりますが、
100万円以上500万円未満なら100万円、
500万円以上1500万円未満なら借金額の5分の1、
1500万円以上3000万円未満なら300万円、
3000万円以上5000万円以下なら借金額の10分の1までに減額されます。
5000万円以上の借金では個人再生は利用ができません。
借金の原因がギャンブルや浪費の場合は、自己破産では免責不許可事由に該当して利用が出来ないことがありますが、
個人再生では利用ができます。
自己破産ではマイホームを失ってしまいますが、個人再生ではマイホームを残すことができます。
個人再生後はマイホームに住みながら、減額された借金を分割返済していくという生活が待っています。
住宅ローンについては減額はなく、今までどおりに返済していきます。
個人再生されるとブラックリストに掲載され、約7年~10年は新規ローンが組めなくなります。
個人再生後に生活に困ってしまっても、この期間の間はお金を借りることができません。
ご家族がブラックリストに載ることはありませんので、困ったときは無理のない範囲で協力を求めると良いでしょう。

債務整理をする前に!