個人再生から自己破産するケース※これらの正しい知識

個人再生から自己破産するケース※これらの正しい知識

個人再生から自己破産する場合について※失敗しない個人再生

借金の問題を解決する債務整理には、色々な種類がありますが、その中の1つに個人再生という方法があります。
個人再生は自己破産のように、マイホームを手放さなくても借金を整理する事ができるので、自宅を持っている方に有利な債務整理と言われています。

 

しかし、個人再生をしたにも関わらず、自己破産に至ってしまったというケースもあるようです。
なぜ、借金の整理をしたのに自己破産する事になってしまったのかというと、個人再生の制度にその秘密が隠されています。

 

自己破産の場合、それまでの借金を全て無かった事にでき、返済義務も無くなりますが個人再生の場合、借金がゼロになるという事はありません。
個人再生は大幅に借金の元本を減らす事ができますが、残った借金は3年で返済しなければならないのです。
ですので、3年で借金を返済できなかった場合は、自己破産を選ぶ方もいるようです。

 

また個人再生は継続した収入が無ければ、受ける事ができない債務整理となっています。
返済途中で病気やリストラなどの理由で、無職になってしまった場合、個人再生から自己破産の手続きを検討する必要性が出てきます。

 

このような理由から個人再生を行ったのに、自己破産をしたというケースが出てくるようです。
B

債務整理をする前に!