個人再生は公務員でもできる?※メリット・デメリットについて詳しく知りたい

個人再生は公務員でもできる?※メリット・デメリットについて詳しく知りたい

公務員の個人再生について

公務員が債務整理をすると、職を失う事になる、などといった情報が流れていたりもしますが
そういった事はなく、公務員でも必要とあらば他の人と同じように債務整理の手続きが行なえます。

 

公務員だから債務整理を行なったという事を職場に申告しなくてはならないという事もありませんし
周囲の人に秘密で手続きを行なう事が出来ます。

 

債務整理の理由は人それぞれで、手続きに取り掛かる時に、抱えている借金総額も
債務者によって大きく異なります。

 

多くの方が頭を抱える高額債務と言えば、住宅ローンです。

 

住まいを取られずに住宅ローンの負担を小さくしたいという場合
個人再生がオススメです。

 

個人再生を行なう事により、借金総額を5分の1に圧縮してもらう事が出来るのです。

 

圧縮してもらった借金を3年間で返済する計画を立て、その計画通りに返済を進め
借金完済を目指す手続きです。

 

この手続きは、安定した収入を確保出来ると判断された方のみ行なえます。

 

公務員は安定している職業ですから、個人再生の条件を難なくクリアする事が出来ます。

 

住宅ローン以外の借金が5000万円未満であれば、手続き可能です。

 

個人再生は安定した職業である公務員の方にとってメリットの多い手続きです。

 

デメリットは他の債務整理同様、数年間の間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまう事くらいです。

債務整理をする前に!