給与を差し押さえられてしまったら、まずどうしたらいいの?!

給与を差し押さえられてしまったら、まずどうしたらいいの?!

給与を差し押さえられてしまったら、まずどうしたらいいの?!

差し押さえの中でも一番やっかいなのが給与の差し押さえです。これは借金の返済が終わるまで給与の4分の1、または33万円を残したのこり全額が自動的に天引きされるシステムになっています。債権者は差し押さえを解除することもできますが、わざわざ費用まで払って差し押さえをした上に、ほおっておけば返済をしてもらえる状況をみすみす失うようなことはしません。そこでまずは差し押さえの前に対処するのが大切になります。
差し押さえをするには必ず裁判所に申し立てをする必要があります。申し立てがあると債務者にも通知がありますから、それを無視したりせず、きちんと裁判所に赴いて真摯に対応することが大切です。そこで返済額などについて調整した上で和解できれば差し押さえを避ける事ができます。
もし、給与の差し押さえを受けてしまったら、基本的には債権者と交渉して差し押さえを解除してもらうようにお願いすることになります。これには交渉力に長けた弁護士などに依頼する必要があるでしょう。もうひとつ荒業ですが差し押さえを解除する方法があります。差し押さえの対象はその会社の給与のみですから、退職してしまえばもはや給与の天引きはなくなります。ただし、転職先が見つかればということが前提になります。

債務整理をする前に!