任意整理後のクレジットカード※意外と多い知らない事

任意整理後のクレジットカード※意外と多い知らない事

任意整理後のクレジットカード※5分でわかる!失敗しない任意整理

現代の日本社会においては、多重債務や借金苦などのお金の問題を抱えている人の数は決して少ないものではなく、年齢や性別を問わずに誰にでも共通する問題の一つであると考えることができます。

 

金銭的な問題を抱えてしまう理由や事情は人それぞれですが、お金の問題はその人の人生に大きくのしかかり、精神を圧迫してしまうものであると考えられます。
金銭的な問題を抱えてしまった場合は、一人で考えこまずに速やかに専門家に相談することが早期に問題を解決する最も有効な手段であると考えられるでしょう。

 

金銭的な問題を解決するための合法的な手段は複数のタイプが存在していますが、現代社会で最も多く利用されているのが任意整理という方法です。

 

任意整理は裁判所を通さずに、弁護士や司法書士といった専門家と債権者が直接交渉を行うことによって負債額を減免する債務整理となります。
裁判所を通さないため、手続きが完結かつ速やかに行える点に大きなメリットがあります。

 

任意整理を行った後は、金融事故歴が信用情報に掲載されることとなります。
そのため、クレジットカードの作成も含めておよそ5年間の間はローンを組むことができなくなります。

 

近年ではインターネット決済などでクレジットカードを利用することも多く、クレジットカードが使えないとなると困る場合も度々発生すると考えられます。

 

そのような場合、クレジットカードと同じように決済ができるプリペイド式のカードやデビットカードを作成しておくとクレジットカードの代役として大いに役立つと考えられます。

債務整理をする前に!