任意整理のメリット、デメリットとは?※徹底調査

任意整理のメリット、デメリットとは?※徹底調査

任意整理のメリット、デメリットとは?※失敗しない任意整理

任意整理は弁護士が債権者と返済方法や返済額について交渉し、支払いができるように現状よりもよい条件で合意することを目的とした手続きをとることです。裁判所のような国の機関を通さずに借金を整理することができますので、スムーズに借金を整理できます。

中でも高金利の消費者金融との取引がある場合には利息制限法を用いて債務を計算し直し、払い過ぎている利息から元本を差し引くことができますので、大幅に借金を減らすことができます。

任意整理のメリットというと、原則手続き完了後には利息が免除されるので、完済までのスピードが早くなったり、債務総額が減額されますので、整理前までに比べて返済が楽になったりすることが挙げられます。また、過払い金は利息につきますので、借り入れ期間が長ければ長いほど有利です。

しかし、デメリットもあります。任意整理が確定した後は5~7年ほど借り入れやクレジットカードの発行ができないというデメリットがあります。また、自己破産や個人再生に比べて借金を減額させる効果が弱いということもありますし、何よりも裁判所のような国の機関が間に入らないので、強制力がなく、債権者が任意整理の交渉の要求をしてもなかなかそれに応じてくれない業者も多いのが現状です。

債務整理をする前に!