任意整理を相談するコツ※個人再生のデメリットについて詳しく

任意整理を相談するコツ※個人再生のデメリットについて詳しく

任意整理を相談するコツ|個人再生のデメリット

任意整理は基本的に司法書士と金融業者が今後の返済について任意で相談を行い、和解契約を結ぶ手続きのことを言います。ではどういった手続きの流れがあるのでしょうか。
まず司法書士が相談者と面談を行い、相談者の借金総額や金融業者との取引内容、家計の状態、財産の有無などの事情説明を行います。その上京に応じてどの債務整理の方法が適しているか判断します。
司法書士との間に債務整理手続きの委任契約を結び、その後は司法書士が代理人となって金融業者と和解契約を結んで、支払計画が決定するまでの間は業者への支払いはストップします。
次に代理人から金融業者に取引開始からの全ての明細書の送付を依頼して貰います。業者から取引明細書が届いたら利息制限法によって金利の引き直し計算をします。過払金がある場合にはその金額を債務の元金に充当することで借金総額が減る場合もあります。そして実際に返済しなければならない金額が決定したら、確定したその残額をどのように払っていくかを司法書士と業者で相談します。返済プランがまとまれば和解契約書を交わし、これで個人再生の手続きは終了します。
その後は相談者が返済プランを守って返済していく、これが任意整理の流れです。

債務整理をする前に!