債務整理後のクレジットカード※債務整理失敗しない方法

債務整理後のクレジットカード※債務整理失敗しない方法

債務整理後のクレジットカード※5分でわかる!失敗しない債務整理

クレジットカードはネットショッピングなど、利用する機会が多く、誰でも1枚は持っているのではないでしょうか?
便利に利用できるクレジットカードですが、実は債務整理を行うと作る事が出来なくなるんです。

債務整理には自己破産・個人再生・任意整理といった方法があります。
こられの債務整理と行うと信用情報機関に、借金を整理した情報が登録されてしまうので、新たにクレジットカードを作る事は出来ません。
信用情報機関とは俗に言われるブラックリストの事で、クレジットカード会社は新たにカードを発行する際、信用情報機関に問い合わせを行います。

債務整理で借金を整理していると社会的な信用は無くなるので、クレジットカード会社はカードを発行してくれないんです。
ですので債務整理をした後はクレジットカードを作る事は出来ないと、考えておきましょう。

しかし、債務整理を行ったからといって、一生クレジットカードを作れないという訳ではありません。
信用情報機関の情報はある一定期間過ぎたら、削除されるのでその後だったら、カードを発行してもらえます。

自己破産と個人再生の場合は約10年程度、任意整理の場合は約5年ほどでクレジットカードを作る事が出来ますよ。

債務整理をする前に!