債務整理のデメリットとは?※債務整理についての正しい知識

債務整理のデメリットとは?※債務整理についての正しい知識

債務整理のデメリットとは?※失敗しない任意整理

債務整理を行うと、信用機関に、「事故」扱いとなり、登録されます。
いわゆる「ブラックリスト」に名前が載るということです。
実際には、ブラックリストなどは存在せず、クレジット会社やサラ金業者が、申し込み者を申請する際に、
その人物が過去に支払遅延や自己破産、任意整理等行っていないかなどを加盟する信用会社に照会します。
このときに、過去に、支払滞納や債務整理等をおこなっていたということであれば「事故」該当人物となり、
審査が通らなくなります。
私が知るところでは、この「事故」扱いになると、債務を完済してから、5~7年経過しないと「事故」登録
が抹消されず、新たなクレジットカードやサラ金の申し込み、ローンなど一切組めなくなります。
つまり、「事故」扱いになれば、およそ10年は、現金払いの人生となります。
これが、意外ときついのです。
ブラックリスト入り=「事故」扱いは、多重債務による任意整理、自己破産を申し立て、受理された時点で、
開始となります。
こうした人々は、浪費癖、現金での金銭感覚がマヒした人が多いのです。であるから、「多重債務」になるのですが。
手元に現金が無く、借入て、数日後に返金すればいいという感覚で、買い物、ギャンブルなど行ってきた人にとっての、
現金決済のみの生活は、厳しいものがあります。
クレジットやローン、サラ金など一切NG。
そうなると、友人からの借金や、中には闇金に手を出して、どうにも首が回らないなんていう人もいます。
ブラックリストになってから、はじめて、現金の価値がずっしりと感じるのです。

債務整理をする前に!