債務整理後の住宅ローン※わからないことは弁護士に

債務整理後の住宅ローン※わからないことは弁護士に

債務整理後の住宅ローン※5分でわかる!失敗しない債務整理

借金の返済に困り債務整理を行う方は、少なくありません。
借金を自己破産などの債務整理で整理すると、後ろめたい気持ちになってしまいますが、債務整理は借金の問題を抱えている方を救済する制度です。
借金の悩みを抱えてる場合、まずは弁護士などに相談し、自分の借金のケースに合った債務整理を検討しましょう。

しかし債務整理を行う事で起こるデメリットもあるので、その点は注意しなければいけません。
債務整理をする事で生じるデメリットに、住宅ローンが組めないという事が挙げられます。
債務整理直後は家を買うなど、思いもしないかもしれませんが生活が落ち着いた後に、家を持ちたいと考える方もいるでしょう。

なぜ債務整理をする事で住宅ローンが組めないのかというと、信用情報機関に借金を整理した事が登録されてしまうからなんです。
住宅ローンを組もうとすると銀行や金融業者は、まず信用情報機関の照会を行います。
信用情報機関には過去の返済履歴や借り入れ履歴が掲載されているので、この情報を参考にして審査するのです。

債務整理をしていると、はやり印象は悪いので審査に通らず住宅ローンを組む事はできません。
でも、一生組めないという訳ではなく、自己破産と個人再生の場合は約10年ほど、任意整理の場合は約5年ほどしたら、審査に通るようになると言われています。

債務整理をする前に!