債務整理の種類~自分にあった債務整理を~

債務整理の種類~自分にあった債務整理を~

債務整理の種類※5分でわかる!失敗しない債務整理

債務整理には4つの種類があります。
まずは任意整理です。弁護士を通して改めて決めた返済方法で自分で返済していく方法です。
消費者金融などは分割返済だと3年程しか認めない場合が多いのでそれまでに返済しましょう。
次に特定調停です。これは、簡単に言えば上記の任意整理を決める際に弁護士がしてくれることを裁判所が行うというものです。
こちらも借入先が消費者金融などであれば3年程で返済することが必要です。
次に民事再生です。個人再生手続きとも言います。
これはよく聞く民事再生法という法律による手続きで、将来に継続して一定の収入が見込める場合に債務の1部を3年程で返済して残額を免除してもらうという方法です。
認められれば、借金の1/5か100万円の多い方に減額できます。これは借入額が3,000万以下の場合です。
自営業の人の小規模個人再生とサラリーマンの給与所得者等再生の2つがあります。
最後に破産です。これは金額が多きすぎて完全に返済不能の場合の最終的な手段です。
債務者の持つ全ての財産をお金に換えて、債権者に公平に返済する方法です。債務者が自ら申し立てすることを自己破産といいます。
債務者にある程度の財産があるかないかで手続きが同時廃止事件と管財人事件に分かれます。

債務整理をする前に!