債務整理とは?どの種類が良いの?※債務整理のデメリット

債務整理とは?どの種類が良いの?※債務整理のデメリット

債務整理とは?どの種類が良いの?|債務整理のデメリット

現在、消費者金融やクレジットカード会社からのキャッシングローン、そして銀行系カードローン会社からのカードローンなどで多重債務状態になり返済不能となった方が自己破産や特定調停などの債務整理を行うケースが急増してきています。

これらの多重債務における借金の返済や金融会社からの督促行為に苦しんでいる人を救う為の国による救済措置が債務整理です。

債務整理には「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、そして「自己破産」の4種類が個人が行う債務整理としては代表的な物となります。

「任意整理」とは、これら4種類の債務整理の中で唯一、公的司法機関である裁判所を通さずに行う債務整理方法で、弁護士が代理人となって消費者金融の会社やクレジットカード会社と交渉を行い借金額を減少させたり利息を一部減らすなどの手続きを行う債務整理の事を指します。

「任意整理」は「特定調停」と「個人再生」の3種類の債務整理は全て、「債務整理の手続きが完了した後も借金の返済を続けていく」事が特徴となっています。
これら3種類の債務整理はあくまでも借金の減額や利息率の減率などを行う事を目的としており、「自己破産」の様に借金が全て帳消しになる訳では無いという点に注意すると良いでしょう。

債務整理をする前に!