個人再生における再生計画案とは?-法律相談はプロに-

個人再生における再生計画案とは?-法律相談はプロに-

個人再生における再生計画案とは?

個人再生を行なうには、まず個人再生の計画再生案を作成し
作成した計画再生案を裁判所に提出する必要があります。

 

この計画再生案は、裁判所が作ってくれるわけではありませんから
個人で行なう場合は、債務状況などの調査を事細かくし、自分で作らなくてはなりません。

 

個人再生を行なう事により、5000万円未満の借金を5分の1に圧縮してもらう事が出来ます。

 

圧縮してもらう為には、返済計画を立て、その計画を裁判所に認めてもらわなくてはならないのです。

 

計画再生案に不備がある場合や、不透明だと判断されてしまった場合は
その申立ては認められないのです。

 

計画再生案の申立ては、この手続きの中でも難易度が高いものですから
個人で行なおうとせず、法律の専門家である弁護士などに任せるべきであります。

 

弁護士に任せれば、債務状況の確認・調査なども全て行なってくれますから
個人再生を行なおうと思っている債務者は、結果報告をただ待っているだけで良いのです。

 

個人で手続きを行なおうとし、無茶な再生計画案を出した場合は
その申立てはまず通る事はなく、時間と労力の無駄となってしまいます。

 

個人再生の計画案が認められれば、借金総額を大幅に減らすことが出来るわけですから
ここは費用を惜しまず弁護士に頼るべきであります。

債務整理をする前に!