個人再生の手続きの流れ・期間※行なうための条件とは

個人再生の手続きの流れ・期間※行なうための条件とは

個人再生の手続きの流れについて※失敗しない個人再生

『個人再生ちょっと待て!』

 

個人再生に決める前に!

  • 私の借金は本当に個人再生できる?
  • 個人再生で借金をいくら減額できる?
  • もっといい解決策はある?

借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。
※無料・匿名・ネット完結で診断できます。

債務整理シュミレーター

 

債務整理はその人の状況によって適切な方法が異なります。”自分の状況は本当に個人再生が最適なのか”まずは診断してみましょう。

 

個人再生ってどんな流れ?

個人再生は債務整理の中でも手続きが少し複雑な方法ですが、簡単にまとめると次のようになります。

 

個人再生の手続きの流れ

  1. 個人再生の申立書の作成
  2. 個人再生の申立を行う
  3. 再生手続の開始決定
  4. 再生計画の作成
  5. 個人再生法の認可決定

 

手続きがの流れが複雑な上に、個人再生法の認可の決定まで時間がかかることも少なくないのです。
まずは、実際にどのくらいの金額が減額されるか毎月の返済額がどのくらいになるかを無料のシミュレーターで診断してから手続きに入るのが良いでしょう。

>>借金いくら減る?無料5分で診断!

 

できるだけ早く手続を進めたい場合には、すぐに専門家に相談するのが良いでしょう。
無料相談できる法律事務所で、自分の借金・生活の状況と本当に個人再生が正しい選択なのかを相談しましょう。そして、納得した上で手続に入りましょう。

 

 

個人再生の手続きの詳しい流れについて


債務整理の1つである個人再生とは、そもそもどんなものなのか、
申し立てから実際に裁判所に認められるまでの流れを解説していきます。

 

>>まずは自分に最適な方法を無料診断!

 

個人再生の申立て書の作成

まず最初に、個人再生を行うための申立て書の作成をします。
この申立て書作成の手続きが意外にも大変です。具体的には、収支や資産、住宅資金、債権者の一覧などたくさんの資料が必要になります。
これらを個人で進めていくのは、かなり大変かつ複雑であるため、弁護士に依頼するなど適宜検討をしましょう。

 

個人再生の申立てを行う

次に、裁判所にたいして個人再生の申立てを行います。
この時点で、債権者からのいわゆる取り立て行為はなくなります。これを保全処分と言い、保全処分の日に債務者を監督する命令が裁判所から下され、監督委員が選任されます。監督委員は、裁判所が下す指令を債務者が行う事に同意・許可する事ができ、個人再生が実際に認められた後も監視する役割を担います。

 

再生手続の開始決定

そして申立後、約2週間程度で再生手続きの開始決定となります。
再生手続きが開始決定した日に、債務者はその日時点の財産目録や全ての貸借一覧表を裁判所に提出し、財産評定を行います。
同時に債権者からも債権一覧の届出があった場合は、債務者は届け出された債権一覧を確認して、その債権一覧が正しい金額であるかどうかを、債権認否書に記載して提出します。

 

再生計画案の作成

その後やっと再生計画案の作成の手続きに入っていきます。債務者は詳しい再生計画を練って、裁判所が定める期間内までに書類作成して提出します。個人再生が認められた場合、実際に3年かけて返済していかなければならないので、責任をもって計画を立てましょう。

 

個人再生法の認可決定

再生計画案が提出されたら、債権者一同が集まって、出された計画書について決議します。
最終的にそこで可決されると、裁判所は個人再生法を認可して、債務者は再生計画にならって監督委員のもと3年かけて弁済していく流れになります。
そうして、再生計画通りに3年間で残りの借金を完済して、残りの債務が免除されるとようやく個人再生は完了という形になります。

 

ケースによっては任意整理で十分あったり、自己破産を検討しなければいけない場合もあります。
まずは、匿名・無料のシミュレーターで本当に個人再生が正しい選択なのかを調べてみましょう。

>>借金解決無料診断シミュレーター

個人再生は大幅な借金の減額や自宅を手放さずに手続気することも可能などのメリットがありますが、3年を目処に決定された額を完済しなければいけないので、安定した収入や適切な返済計画が求められます。

 

個人再生にかかる期間について


個人再生をするには、申立てから認可まで
実際にどれくらいの時間がかかるのか解説していきます。

 

個人再生は、借金元金を減らし、利息の支払いもなくすといった素晴らしいものです。ですがその分、3年間で計画通りに借金を返済しなければならないという責任も伴います。

 

>>個人再生でいくら減る?減額シミュレーター!

 

個人再生の認可までは長いと1年??

ところで債務整理をする際に、みなさんはどのくらいの期間がかかると思っているでしょうか。多くの方が数カ月程度と考えているのではと思います。
人によって期間は変わってくるのですが、個人再生の場合、短い方でも1年程度はかかることがわかりました。
手続きの手順ごとにみていくと、ます裁判所への申し立てですが、ここまででかなりの差が出ることもあります。早ければ1カ月から2カ月程度になりますが、半年程度かかってしまったり、中には1年以上かかることもあります。

 

それだけ、裁判所への申立て作成のためには様々な資料や書類が必要になるということです。

 

早く済ませたい方は弁護士の方に相談するなど、前もって書類などを集めておくことが肝心です。
また、弁護士は債務整理に強い弁護士に依頼するのが良いでしょう。

 

その後は裁判所での手続きとなるわけですが、申立てを行うと裁判所は監督委員の選定に入ります。そして選任及び訪問や履行テストの実施などが行われます。
そうして裁判所が最終的に個人再生の決定を確定するまでに数カ月程度かかります。

 

最後に再生計画に基づく支払いの開始となるわけです。
このような流れで短い方でも1年間程度が必要になるため、したいと思った時にすぐに債務整理できるということではありませんので注意してください。

 

できるだけ早く個人再生を開始するには

できるだけ早く借金問題を解決したいなら、専門家に相談するのが良いでしょう。個人再生以外の方法で解決できるかもしれません。
弁護士事務所を選ぶ際は、①無料で相談にのってくれる②債務整理を得意としていることの2点をポイントに選びましょう。

 

当サイト申込数No.1無料相談を受け付けている窓口があります。

●借金お助け相談窓口
(24時間365日対応・即日対応OK)
借金お助け相談窓口

借金お助け相談窓口メール相談

 

いきなり相談するのはハードルが高いという場合には、無料シミュレーターをまずは使ってみましょう。
匿名でもあなたに合った債務整理の方法やどのくらい借金が減るかを診断してくれます。

>>無料・匿名の債務シュミレーター!

 

個人再生を失敗しないためには!

長い時間をかけてようやく個人再生が認可されたとしても、3年の間に返済できなくなってしまったり、そもそも認可されなかったりすると、そこにかかる精神的疲労やお金は非常にもったいないですよね。
個人再生を失敗しないためにも2つのポイントを意識しましょう!

 

適切な債務整理を選択する

債務整理には個人再生のほかにも、
任意整理
自己破産
などの方法があります。
その中で自分の状況に適している債務整理はどれなのか、まずはシミュレーションで確認しましょう。

 

 

自分の要望にマッチングした弁護士を選ぶ

債務整理の相談にのってくれる弁護士事務所はたくさんあります。
その中で、自分の状況を知ってもらったうえで、専門家である弁護士の方と一緒に今後どのように進めていくべきか考えましょう。
無料で相談を受けてくれる事務所もあるので、まずは確認してみることをおすすめします。

 

借金問題解決への近道は無料相談!

今すぐ相談するなら借金お助け相談窓口
  • 携帯電話からも通話料無料で相談できる
  • 全国対応!24時間365日OK
  • 年間実績5,000件以上

↓借金お助け相談窓口の公式サイトはこちら!

借金お助け相談窓口
借金お助け相談窓口メール相談
借金お助け相談窓口に相談するべき3つの理由
借金に関する相談なら何回でも無料なので気軽に相談できる
24時間365日対応してくれるので急いでいる人はすぐ相談できる
初期費用0円で手続きを始められるので安心

借金お助け相談窓口は今すぐ相談したい人にぴったりなんです!

まずは気軽に【メール・電話】で無料相談をしてみましょう。
メール相談はこちら

 

 

条件別相談窓口-○○ならここ!-

 

 

闇金相談ならウイズユー司法書士事務所

一般的に闇金対応を敬遠する弁護士事務所は多いです。
闇金対応のノウハウがあるウイズユー司法書士事務所も無料相談ができるので、まずは相談してみましょう。
↓メールでの相談もここからできます!
ウイズユー司法書士事務所

>>ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

 

債務整理をする前に!