我が家を守れる個人再生について-最大のメリット-

我が家を守れる個人再生について-最大のメリット-

我が家を守れる個人再生について《債務整理のメリット・デメリット徹底解説》

個人再生手続きの返済方法は、原則3年間とされていて、特別な事情があれば5年間までには延長可能です。そして裁判所が決めた額について3年間で返済をしていかなければならないですが、この約束を守らず返済が滞った時は債権者側の申し立てによって、個人再生の認可が取り消されて、元の返済額に戻ってしまうのです。

 

そして個人民事再生は裁判所を通じて多額な借金を減らして残額を分割で支払っていく手続きとなり、個人再生をしてみれば、必ずしも住宅を手放さなくてもいいといったことではないのです。そして住宅資金特別条項を設けるときは、注意しなければならないことがあって、条件を満たして以内と個人再生をしていくことができないといったことで、保有している住宅を手放さなくてはならないです。そして個人再生で残すことができるような住宅について条件があって、住宅であればすべて守られるのかといえばそうではないのです。

 

そして、個人再生は、債務が大河て返済ができないような方が裁判所で大幅に減額してもらえる制度ですが、条件として減額された借金は住宅ローンをのぞいて3年以内に返済をするといったこととなります。そして、任意整理で大幅減額ができなくて返済が難しい方やマイホームを手放したくはないような方にお勧めの債務整理なのです。

債務整理をする前に!